ユートピアで外人と交流

久しぶりに3連休のお休みをいただき、彼氏と2太陽連続でディズニーランドってディズニーシーにデートに行くことが出来ました。そのデートの中で、ぼくと彼氏においてすごく調に残る現象がありました。それは初日に行ったディズニーランドでの現象なのですが、ブレイクタイムを兼ねて様々なクセのグッズ業者に止まりました。そのお店の中には、お店にてガチャガチャを設置しておるパーツが何か所かあります。昨今、両テーマパークにあたって定期的にガチャガチャが開業され、インデックスの変換も定期的に行われます。私たちはそのガチャガチャをまとめることが好みでもあります。そのため、ディズニーランドやディズニーシーを訪れたときはきっちりガチャガチャに挑戦します。そのためその日も、当たり前のように挑戦しました。今回のガチャガチャの中身はミニカーで、部類は全部で4部類ありました。4部類あるため、4回挑戦することを決め、運よく重なることが無く3部類を手にすることが出来ました。しかしながら、4回目線でようやくインデックスがかぶってしまいました。苦しい感情にふけっていらっしゃるぼくがそこにはいましたが、その格好を見て、同じくかぶったインデックスを手にして悲しんでいらっしゃる外人が声を掛けてきました。ぼくはイングリッシュがぜんぜん話せませんが、ジェスチャーを交え、修正っと大きな声で希望をし、安心4部類を手にすることが出来ました。大した会話はとれていませんが、ぼくにとってはすごいコミュニケーションを成し遂げた気がして甚だうれしかったです。ドラゴン・ストラテジーFX

釣りに連れてってもらいました。

職場のオフィス様って仲良くなり、その人は釣りきちです。
元寿司屋様で魚ディナーもできますし、自分の漁船ももってるらしいので、
ほんとかな~?と思い
「次回釣りに連れてって下さい」
といった、言ってみましたら、
ありとあらゆる手配をしてくれて、
OOくんは火曜日が休日ですから、月曜の深夜、深夜釣りください。
と、言う結果、自身は釣りをしたことがないのですが、竿やリールなどフルセット貸してくれるらしいので、
ワクワクで過ごしました。
前日の肝要が終わり、ランデブーを通して車で姫路まで行きました。
姫路まで1スパンなんとなくでした。
そうして、暗闇な経路を歩いて進むと堤防のようなところに出ました。
釣り人が数個いらっしゃる。
深夜なので仰山寒いんですが、厚着を着てたので涼しくて気持ちよかっただ。
波止場で投げ釣りだ。
え、漁船は?と思いましたが、いいです。
そうして投げ釣りの仕方を教えてもらい、直ちにシュッという投げました。
そうして、30分け前、釣れない、
ただ、無言で浮きを見つめてるその人に自身は気を使って語りかけますが、生返事ばかりでおよそパスでした。
あらヒマ、周りの釣り人もただ、バッチリ釣りをしています。
糸がくくくっとひいてます。
太刀魚がかかりました。
銀色に灯る素晴らしく長い魚に興奮していました。
生きている太刀魚は初めてだ。
しかもその場でさばいてくれて、とれたての刺身だ。
私がコリコリしててうますぎる!周りの人にもお裾分け、
お辞儀に自販機で温かいコーヒーをおごってもらい、
結果釣れたのはその太刀魚2匹だけでしたが、
寒空の深夜釣り、優しいスパンが過ごせました。杉山てつやの6つの条件

遠路色恋になる前に彼がしてくれた仕事場

今年の9ひと月からぼくが海外で1通年はたらく結果、日本に掛かる彼女は遠路異性になってしまいました。成婚を前提にお付き合いして1世代半年が経ち、今年の9ひと月から遠路異性が始まりました。お付き合いをする前からわかっていたことではありますが、やはり本当に出発の時分が近付くと全然さびしい品でした。頻繁に亭主のお家にはお邪魔させてもらっていたので、出発する前に亭主のおかあさんが家族でお食事会を開いてくれました。父さんは亡くなってしまい、既にいないのですが、亭主とおかあさんと亭主の兄妹といった仲良くさせていただいており、皆で蟹を食べに行きました。サプライズだったので、何も知らなかったのですが、彼女の所帯にそのようにしてもらえることは、ほんとに有難いことです。腹部いっぱいになって亭主の家に帰ると、たちまち部屋が暗くなり、亭主っておかあさんがキッチンから何かを持ってきたのですが、それが誠に亭主手作りのショートケーキでした。年令でもないのに、お菓子?となりましたが、ぐっすりぼくがスナックを作って亭主にあげていたので、お菓子を作ってあげようとなったそうです。生涯ではじめて主人にお菓子を作ったそうですが、私も生涯で初めての彼女から手作りのお菓子で、とっても嬉しかったです。信書も書いてくれて、つい涙が出ました。お菓子は客間お菓子だったので、大きすぎて全部食べるのに3日もかかりおなかがいっぱいでしたが、、、忘れられないお手伝いって1日になりました。www.b-ball-day.com

戻ってきた大事なリング

亡くなったママから貰った大切なリング。
ちっちゃなルビーが付いたリングで、くれぐれも高価ものではないけれど、自身には、どんな物から有用でした。
そんなある日、何となく気が付くと、そこに起こるはずのリングが無くなっていたのです。
パニックになりながら、止まらない涙をなんにもできず…
なんとか安心を奪い返し、その日毎日の取り組みを辿って見る事態に。

午前は、犬ってドックランへ。帰りには確かにあった。
正午は、デパートへ。帰りの車でリングを撫でた想い出がある。
夕ごはんの準備をして、馴染みを迎えに行き、帰りに喫茶店へ。そちらも確かにリングは指にあった。
馴染みを送って帰る時に、レター番組には寄ったけど…どこで失くしたのか、さっぱり思い付か…。

そうしたら日毎、どこかに入り込んでいないか、落ちていないか捜し出す日々が続き、
気が付けば2歳が経っていて、とっくに中点諦めていました。

旦那の定年で広島から、地元の愛媛へ引越すことになりました。
引っ越しを終わらせ、2歳ぶりに実家へ。
ママの仏壇にお線香を上げようとして、自分の目を勘ぐりました。
遺影の前にちょこんとリングが置いてあったのです。

思い出してみると、あのお天道様、お父さんに美味しいものを食べさせようという段ボール一ケース分の家財を送ったんです。
その時、段ボールの握りに引っかかったリングが家財の中に滑り込んで、実家へといった送られたのではないか…という推論だ。
涙が止まらない自身に、お父さんがこっそりリングをはめてくれて、やさしくこう言いました。
「母さんは、お前に帰ってほしかったんやなぁ」
自身は仏壇にかけて、満面の微笑で、「夫人、ただいま」と言いました。杉山てつやのデイトレード

画像がくれたコネクション

 わたしは以前からフィルムを趣味としています。主に相手方や風景を撮っています。
 わけは仕事上、事件のレコーディングスタッフなどを務めていた会社、わたしが撮ったフィルムが訴求文献などに通じることが何度かあり、
「そんなひよっこの自分のフィルムも皆に喜んでもらえるんだ」と思い、ふと快くなってしまい目下に至ります。
 その訴求文献の修正営業君も、「しょっちゅうエラいフィルムを有難う」とか「また良いフィルムを申し込むよ」とか担ぐものですから、こちらも小さい考えはしません。
 また居残るときは、その訴求文献の修正進め方の際に、何名かの修正委員君にどのフィルムを窓口で使うかはかった会社、満場一致で私のフィルムを選んで頂いたという
物語もあり、すっかりその気になってしまいました。後から聞いたところによると、その訴求文献の修正営業君もフィルムを用意していたらしく、満場一致で私のフィルムに
決まってしまい悔しい思いをしたようで、その月の訴求文献の修正後記には、こういう窓口のフィルムはとあるヒトが撮ったものである地点、自分の技の未熟さを思い知った地点、
これからは尚更有難いフィルムを撮りたいといった内容が掲載されてあり、私としてはうれしいやら、気まずいやら、はなはだ複雑な感情でした。
 以後、わたしは転職してしまいましたが、今でもその修正営業君はお付き合いがあり、再三フィルムを提供しています。
 大したわけもなくはじめたフィルムですが、皆に楽しんでもらえたり、通常ではてんで縁のない人間とのお付き合いができたりという今では私の宿命の喜びになっています。ドラゴンストラテジーfx評価

旅の途中に突然の決闘提案

私の父親は、普段から杖をついて歩いていらっしゃる。
高齢の為、万が一転んだり控えるみたい、危険防止のために杖を通じていらっしゃる。

この間、父親に付き添って、秩父領域へ花を見に行ったときのことです。
私達は鈍行を乗り継いで、車窓からのシーンを楽しみながら、現地にかけていました。
すると、列車の席に座っている父親に向って、ぶらりと「○○ジャーロボ、見参!」とか言いながら、5~6年位の男子がゲームをたくらみてきたのです。
どうも、杖を持っている父親が戦隊アイテムの敵独自に見えているようで、その男子は戦隊キャラクターになったつもりのようです。

すると、男子の妻って思わしきご婦人が「○○氏、閉めなさい」といった、真面目で男子の作戦を引きながら言い聞かせていました、
その貨物にはあたしといった父親、そしてその家族以外は乗っていなかったので、「なるほど、いいですよ」といった父親は笑って、男子とのゲームに付き合うことにしたのです。

父親は「猪口才な若造め。名称を、名称を名乗れ!」という小声で呼びかけます。
すると、男子も「○○ジャーレッド、見参!」と名乗り返します。
横では妻が「すみませんねえ」というしばしば頭を下げていらっしゃる。
「えいっ!」と男子は、ずいぶん強烈に手に持った○○ジャーソードで切りかかって来るが、やはり父親は楽に聞き流します。

後、5当たり等チャンバラを続けたでしょうか。
目的のターミナルに着いた父親とあたしは、「どうもすみませんでした」という妻の意見って、「またね!」という男子意見を伸長に列車を降りました。杉山てつや 評判

キッズのワンデイが粛々といってくれたことが嬉しかったです

早朝起きてから、深夜交わるまでの乳児の一日が思い切りスムーズに終わったことが嬉しかったです。
普段は目覚める頃からぐずぐず泣いて、夫人宝物~と二人でねっとりと布団の上で暮すことから始まります。それはそれで幸せなんですが、家族がもたつくし、幼稚園の下ごしらえもままならずいつも寸前の時間になるから内面ジリジリとしているのも事実です。そしたらご飯を口に入れ、歯みがきを通じてあげ、制服の着替えから長時間を要します。
だがこの日は「おはよ」と言いながら、泣きもせず起床。早朝のセットアップも粛々といっていつもよりも半は短く出れました。この時点では嬉しさよりも「???」って感じの方が強かっただ。
一旦、おかげで家族はすすむし、自分の自由時間も確保できてこれだけでも愉快でした。その上、担任の師範からは給食をオール食べれた案内を受けることも出来ました。
お風呂もなんだか夕方までにはおわり、何と快眠は夜の8頃。叱りつけて寝せたのではなく、書籍を読んであげて、さくっと寝てくれた時は感動ものでした。私の力ではなくいつの間にかの息子の威力だったんでしょうが何とも言えない潤いに包まれ、我々を褒めてあげたくなりました。こうしたいい日の明日はさぞかし普段以上に強力一日が訪れそうですがそういった日毎が貫くからこそ、今日のような太陽が単純に嬉しいと想うんでしょう。
些細なことですが必ずや素晴らしい一日でした。そうして思いもよらず、得れた夜の自由時間は普段の熟睡欠損を賄うがごとく、私も21時折寝ました。必ず愉快。ドラストのサイン

嫁入り6時目にしていよいよカテゴリーを挙げられました。

今月、10太陽に挙式をしました。
決めると思った因子は今年直ちに、親戚の葬儀があり喪主の嫁さんは昨年の年の瀬に
ウェディングをするスケジュールでしたが主人が入院してしまい、専ら死去されてしまった。
その話しを聞いた局面、もしもボクに何かあった場合奥様に拠り所になる様な「記念」があった方がいいと思いました。
心で私も成婚はしたけど挙式を通じてなく将来の記憶にもなるという。
夫婦で疾患を抱えているけど、何か一生の区切りになる「意識」を持てば
それぞれに対してのプライドにもなると思い、ささやかながら挙式を見せることにしました。
ネットで探し出したら以外にも少額でクラスを並べることが出来るという知り段取りに行く。
最初は段取りだけして他の式場も見ようとしていたのですが何となく即決。
普通、即決することがないボクが決めてしまったのは本能が決めたのだろう?
振り返ってみるとそれほど思います。
半年くらいの間に預金の無いボクは、挙式の料金を仕事といった別の生業で備蓄基本
蝉の鳴く時機の8月には現金を作り、リングも購入することが出来ました。
真っ直ぐ、3世代前に生業で攻撃を抱え込み「精神病」になってしまい
プライドを失墜した自分に「出来るのだろうか?」そんな不安もありました。
ただし、たまたましたのがサイドジョブは過去に蓄積のある事業で時間的なルールもなく
周りのあなたから手立てが足りない場合フォローしていただけたこともあり
挙式に至るまでには色々なあなたの補佐があったのだと今も思います。
そうして10月10太陽、自分たちの成婚記憶太陽に無事に挙式をあげることが出来て、
義理の父母にも親孝行することが出来ました。杉山てつやのネタバレ

ひらがなを記せるようになった子どもがくれた文書

近頃嬉しかった想い出は、ひらがなを書き込めるようになった幼児がきちんとした信書をくれたことです。
幼稚園でお手紙差し替えが流行っているので、お友達にお手紙を書くために便箋といった封筒を買って幼児にあげたのですが。
その目新しいお手紙セットで最初にかいてくれた信書が自分へのお手紙でした。

信書には「女の子へ たえず美味しいご飯を付くてくれて有難う。旨いよ。だい残り。」
ときちんとした言葉で書かれていて、私の母親としてのがんばりを幼児がちゃんと見ていてくれて認めてくれているのだなと感動しました。
こちらが近年商売をはじめたこともあって、毎日が今まで以上に忙しくバタバタするようになっていました。
商売も束の間なので夕御飯を定める期間などに影響がでるわけではありませんが、
でも今まで生業婦人だったくらしから考えると時間は収まり、こなせるときにこなせることをやらなければならなくなりました。
空間が減ったため僅かイライラしていたことは確かで、子供たちの工夫や食物の周期が鈍いタイミングなどに何度もせかしたこともありました。

今幼児がくれた信書には、商売を初めて大変になった私の感情をきちんと察してくれているような事項が書かれていたような気がして、
世帯をし子育てをしながらそれが当たり前で誰からも褒めてもらったことがなかった今までの努力が流されて出向く想いでした。
そのくらい感情を文字にしたりフレーズにすることは人情を移す力があるのだとも感じました。
私も幼児に返事を書いてあげたいと思います。ドラストの過去の限定特典

小児が人気に見えた部分

近頃、幼稚園での生まれ会にやっと参加しました。開発月額の方がニックネームを呼ばれ、舞台に上がるのですが、長男のニックネームが呼ばれて壇上にのぼりといった、下で見ているお友達に長男のニックネームを何度も呼ばれていました。本人は嬉しそうに戦法を振っていました。先、父兄も壇上に上がると、長男の母ですわたくしにも総出声をかけてくれました。長男は普段は、周りにあんまり感覚がなく、ベビーを可愛がる気配もありません。自分の好きなミニカー遊戯や仮面ライダー遊戯に傾注な結果、お友達って仲良く出来ているのか本音心配していました。
母としては、長男が生まれてから、将来はお友達に優しくて、総出から慕われるような方に育ってほしいって、本音終始思っていました。とにかく長男なので私の理想は高くなっていました。出来れば人気者になってほしいと思っていました。但し、それは父兄の高望みだし、模範を激しく持つのは良くないことだと思い、そのような理想は隠し、長男に押し付けるようなことは絶対に止めるみたい心掛けていました。そのため、今回のようにたくさんのお友達に慕われて掛かる長男を見て、本人はほとんど普段の気配は言わないので、大いにありがたく思いました。
従来対面で担任のドクターから、女房には単に暖かい様子です、って声明は聞いていたのですが、普段から、お友達や小さい子には手厚くするように伝えてはいましたが、実際に行動しておる外見は依然として見たことが無いので、やっとそのような外見が見られるのを楽しみにしよだ。杉山てつや